賃貸借契約締結及び契約書の保管

賃貸借契約の内容については、実情に応じてさまざまに変化させます。
例えば、必要に応じて早期解約違約金を契約条項にくわえたり、ハウスクリーニング代を入居時ではなく退去時に請求する内容にかえたりなどです。
わずかな契約条項の差異で、オーナーさまには損にも特にもなりえます。
もちろん、民法や借地借家法など法令順守が大前提であり、そのうえで、最新の賃貸事情に合わせて、入居者がみつかりやすい内容を提案いたします。

また、賃貸借契約については、長期間の契約になることも多く、契約書など書類の保管もオーナーさまにとっては、ご負担になるところですが、当社の場合は、原則的に書類もこちらで保管させていただき、必要がある場合にみていただく形をとりますので、紛失などのリスクを回避できます。