区分マンション(離婚が関係する実需マンション)

こういうパターン多いですね。

その中でも、典型的なパターン。

このときは、財産分与の手続き中でした。

離婚するときは、婚姻期間中の財産を分けることが必要ですね。

家だけ置いといて、とりあえず、離婚してしまうパターンもあります。

(この辺でどのパターンに当たるかがとても大切です。)

このときは、先に家を売って、ローンを返して、残りのお金を分けるパターンでした。

離婚①

 

このときは、基本的に高い値段の売却を目指します。

そうすれば、双方お手元に残るお金も自ずと増えるわけです。

ただ、離婚しようとしている人は早く離婚したいって気持ちが強いので、早さも必要です。

なので、無理して高値で売りに出してはいけないですが、安すぎるともったいない結果になります。

正確な査定をして、できるだけ高い値段でサッと売ってしまう、、、不動産業社にとっては、もっともシンプルな力が求められます。

 

当たり前のこと言ってるとおもいますよね?

実は、ですね、、、、実は、パターンによってはいろいろなことを考えるんです。

それは、どういうパターンか、、、それはコチラからみてください。