任意売却って、聞いたころあるけど。。。

任意売却っていう売り方の説明です。

一言でいうと、主に住宅ローンが返せなくなって、競売という裁判所の手続きとられそうなところを、裁判所通さずに売ろうという手続きです。

ポイントは、住宅ローンを返せないってところです。

返せない理由はいろいろあると思います。リストラとか病気とか怪我とか、、、

任意売却の絵1

この状態って、すごく精神衛生上よくないです。

弁護士に相談すべきか、銀行に相談すべきか、、、マジ宝くじ当たらないかな。。。

いろんな事考えてしまうと思います。

 

でも、またどこかで書きますが、これってたまにあることです。

そりゃ、当初のお金返しますって約束を守れないわけで、よいことではないですよ。

だからといって、めっちゃ悪いことかっていうと、そこまででもないって気もしますし、もっというと犯罪とかではないのだし、仕方ない部分もあると思います。

 

そもそも、競売するかしないかは、債権者が判断すればいいわけなのですが、
たとえば、残債が3000万円、普通に仲介で売却しても2500万円、買取業者なら2000万円、競売なら1900万円だとします。

債権者はほんとは3000万円返してほしいのですが、それはもう無理っぽい、となると、損切りしてくれます。
損切りして競売で1900万円だとすると、競売までは1年くらい普通にかかったりしますし、労力も大きくかかってしまう。
それなら、仲介手数料やらなんやら払ったとしても2400万円くらいの売りやすいところで売っておくほうが全体的には損は少ないよね。
ってことで、売却する作業です。
任意売却したあと、違法に居すわられても困るので、引越し代をだしてもらるときもあります。
それを出したとしても、早期に回収できるだけ回収するほうが得っていう金融機関の判断があって、成り立つ売却です。

任意売却した場合にどうやって、売主の方の手元にお金を残すか、、、それは、う~~ん、裏話的な部分になってきます。

ちなみに、任意売却したあとってどうなるか、、、それは、売主の方が破産するパターンと破産しないパターンに分かれます。

破産しない限り、返済する義務は残るのですが、、、まぁ、そこも裏話的な部分になります。
任意売却した場合、売主の方が追うリスクとしては、個人信用情報が汚れるというリスクです。
おそらく、個人信用情報は大きくダメージを受けるので、相当な期間は借入できないかもしれません。
カードも作れないかもしれません。住宅ローンも難しいかも。
そういう制限を受けます。

任意売却をわざとする、、、とかって話も聞きますが、これも裏話。

話の性質上、裏話が多くなりますね。

住宅ローン返すのに困ったら、任意売却も含めて、ご相談くださいませ。
そのときは、腹を割ってお話しましょう!

 

そりゃ任意売却なんてはじめは誰も望むことではないけれど、

ときどき起こってしまうことだし、

心だけは病まないようにしてもらいたいです!